3. 約束


仮タイトル「16小節の呪い」
あべいるのメロと歌詞を書き上げた京が
勢い余って16小節の何とも言えない断片を書きました。
ヤマなし、オチなし、イミなしの三拍子揃った絶望行進曲を
圭くんと周くんが1曲にまとめてくれました。あいしてる。(京)

その三拍子で喩えられると困ります。えぇ困ります。
曲はとてもバラード。ピアノの一音一音だいぶ選んで決められました。
エンディングも音楽はきれいに終わってるけど歌詞が切ないっす(周)



しらないことは言わないで
わかんないことは答えないで
ああ 想いは飲みこまないで
言いにくいことだけ言って
あなたの嘘が胸を貫く

どうして このごろうわのそらに
なってばっか つまんないかな?ふたりだと

戻ってきて

怒んないで ねえ 聞いて
こんなに大事なひと
何でもないひとことで
痛いぐらい乾く喉


ほんとうは擦れ違うの怖くて
いつだって同じこと思いたくて
不安になる

信じてないって言わないで
信じられないのは
あなたが見てる私って、もの。


こうなってしまわないように
いつだってがんばったのに
もう閉じた固いドア
また遠ざかる

不確かは責めてない
守る気がないのなら
始めからそう言って
くれてたらよかったのに


想いが途切れてしまえば
約束もただの言葉



Copyright(c) 2012 Trompe-loeil.net All rights reserved.